記憶力を鍛える

脳トレゲーム・アプリメニュー


記憶力を鍛える

   スマートフォンが普及した現在、「デジタル認知症」のリスクが高まっていると言われています。 デジタル認知症の主な症状としては、記憶障害、言語障害、理解力や思考力の低下などがあります。
これは、便利なスマホによりいつでも手軽に検索できるため、調べた物事を記憶したり記録する必要性が無くなり記憶力が低下し、 メールやSNSの普及により口頭で伝える頻度が低下したため、言語能力も低下したと考えられます。
また、プリンストン大学の生物学者J.Z.ツェインの実験から、記憶力が低下すると理解力や思考力などの知性も低下して行くことが知られています。 このため、特に初等教育や中等教育における学校教育において記憶力を鍛える訓練を行うと、自ずと理解力や思考力などの知性も高まって行くのです。 しかし、大人になると、何かの資格取得を目指している人以外は記憶力を鍛える頻度は低下し、記憶障害に陥るリスクが高まって行きます。

記憶力を鍛えるの目次

   本ページでは、楽しみながら記憶力を高めて、記憶障害や知性の低下を防ぐことができる脳トレゲームや脳トレアプリをご紹介します。

1. 神経衰弱

神経衰弱のアイコン

  楽しみながスマホで記憶力を高められる「神経衰弱」アプリです。30枚のカードを使った神経衰弱で、タロットカード、整数カード、平仮名カード、アルファベットカードが選択できます。ゲームが終わると歴代順位、今日の順位、今月の順位、個人の順位が表示されるので、ニックネームを入れて登録するだけでランキングに参加できます。


運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.91.33。